近年のスノーボードの新しいトレンドとして3Dキャンバー形状のボードが各社から販売されました。3Dキャンバーとはボードを輪切りにした時の形状 が従来のフラットな板の形状と違いエッヂ付近に曲面が出来るような3次曲面となっている。これによりグラトリやフリーラン等で回転した際にエッヂが引っかかって転倒するリスクを軽減した。現在人気が出てきており、今後少しずつ主流になると思われます。その3Dキャンバー形状の板をメンテナンスするため3D形状に対応したアクリルスクレイパーを開発しました。